NOBUYA ONISI OFFICIAL WEB SITE
町田市議会議員 大西のぶや 公式ホームページ

シベリア抑留百万人、虐殺四十万人説の驚きと通説との落差の衝撃

遺骨収集二回目の参加がソ連共産党、はたまた現ロシア政府に対する更なる不審を抱かせる事になるとは。

そのきっかけは、「諸君」八月号に掲載された、「抑留百万人、虐殺四十万人」のレポートであった。

巷間で伝えられる私の知識は抑留六十万人、死亡者五万五千人であったが、あまりにかけ離れた数字にこれは一体どうなっている のかと大きな疑問であった。

しかし私は直感的にこの数字が信憑性がありそうに思えたのである。

なぜなら今日までのロシア政府や旧ソ連政府の手口をみていると真実を明らかにすることは全てがマイナスに働く 思考しかないように見受けられるのは私一人ではないだろう。

今回のイルクーツク州タイシェット市での遺骨収骨作業中、ソ連側の 資料とはかなり数字が違う遺骨収集場所があり、この論文の一部を裏付ける事実があった。

また同行した抑留経験者の方の話によると、こんな少ない数ではなく、ここだけでも四百名位は死亡したと話され ており、実際に、その現場では、予定数よりあまりに多くのご遺骨があり、厚生省の係官が本省と連絡をとった結果、それ以上の 発掘作業は中止となり、来年以降に新たに収骨することになった。

この現場ではソ連側の資料では七十八柱となっているが、収骨されたものだけでも九十九柱もあり、その信憑性が 疑われるのである。

このシベリアの抑留は実に理不尽極まりない蛮行であって、戦闘中であればまだやむを得ないこともあったであろ うが、特筆されるべきは戦争終結後に強制連行が行われた点であり、その後、何年にもわたって、大量の日本人がシベリアに抑留さ れ、多数の人々が横死したことは二十世紀の歴史上、最も野蛮な行為であったというしかない。その上、シベリア抑留ほど、その 全体像がいまだに不明確にされているものはない。

通説では六十万人が抑留され、六万人が死亡したことになっている。

厚生省援護局の資料はソ連本土に抑留された者は約五十七万五千人、死亡と認められるもの約五万五千人とな っている。

だが、(財)全国強制抑留者協会の青木理事長は、一九九九年八月、モスクワにおけるシンポジウムで説明したよ うに、そもそも、一体何人がシベリアに抑留され、そのうち何人がなくなったか、今だに良く分からないのである。

青木氏自身、抑留経験者であるが、「六十万人抑留されたというが、その実数は百万人かもしれないし、死んだ 人間とて、私の周りでは二人に一人は死んでいたから五~六万というのも信じられない」と語り、「先の六十万人抑留、六万人死亡 したという通説が、どのようにして成立したのかドス黒い闇につつまれている。」「多くの著者が出典を明らかにしないまま、これ らの数字を既成事実や常識のように扱っている」と述べている。

そして最近ロシヤからの画期的な新証言が表れてきた。

「シベリアの原爆」(仮称)の著者ワレレチン・アーモビチ・マルハンゲリースキー氏の数々の証言をみると通説 がいかに胡散臭いものかよく分かる。氏はソ連時代ジャーナリストとして成功し、イズベスチャ紙の副編集長として活躍し、ソ連政 府や共産党の信頼も厚く、体制内で功なり名をとげた人物である。

その彼の証言は年内発表予定の「シベリアの原爆」に譲ることにするが、いかにスターリン、ソ連共産党政府は自 国民を含め、暴虐の限りを尽くしたことか。一方では平和勢力を装いながら、現在に至るも。このシベリア抑留事件を棒大針小化し て、その事実を明らかにしない体質はしっかりとロシア政府に引き継がれていることを私たちは忘れてはならない。

昨日、バレンツ海でロシア原潜の沈没事故にみられるように二転三転する情報操作と現実は、まさに前述した通り の事実を全世界に知らしめたのである。