NOBUYA ONISI OFFICIAL WEB SITE
町田市議会議員 大西のぶや 公式ホームページ

政策

議員定数削減

 政府や多くの地方自治体ではこの行財政改革が叫ばれて来たが、町田市でも目を見張るだけの改革の道はまだまだ遠くに感じられる。まず、行財政改革の最たるものは議員定数削減である。昨年の6月議会で議員定数の2名削減条例を提案したが13対18で否決されてしまいました。
 この4年間に、議員が一人死亡、4名の議員が自己都合で辞職し、合計5名の欠員が生じました。この結果、合計5名の欠員で31人の議員で議会が運営されてきました。36名の定員ですから14%の欠員率となります。これだけの比率で議員の欠員が出れば、議会運営に普通なら支障が出るはずですが、なんと不思議なことに、この一番大事な議会運営に何ら支障がないのです。支障があることをどの議員も証明できないのです。議会の議決はすべて多数決で決定されています。5名の議員が欠員になってもこの議決に全く支障がないのですから。市民感覚からは理解不能でしょう。18名の議員が削減に反対し、この市民感覚に欠けた議員と言われて致し方ないでしょう。

行財政改革

 そもそも行政の成り立ちを市役所職員は理解しているのか疑わしい事がいっぱい。私は地方自治体の成り立ちは次のように理解しています。市民は税金を払うことによって自治体を運営しています。それは納税だけでは勿論、自治体の運営はできません。市民は多忙であり、自分たちでの直接運営はなかなかはかどらない。そこで自分たちの代わりに、職員を雇って運営をさせているわけです。この認識をどれだけ職員が理解しているかによって、市民に対する行政が全く変わってくことになります。主役は納税者である市民なのです。
 職員は納税者の市民に雇われているのです。全ての職員とはいいませんが、この認識が欠けているために、職員や市役所は何をやっているのかの声が多く寄せられていることを忘れてはいけません。典型的な例ですが道路の側溝に、3年間も糞尿の垂れ流しを(実際に金井地区でありました)許してしまうことになっても、平気でいられるなど、民間では想像もできないことが起きるのです。また市役所に対する苦情も沢山ありますが、いかに真摯に相手の立場に立って、対応することができるか重要な視点です。市民はクレーマーではありません。
 町田市を市民は生活向上のために頼りにしていることを肝に銘じることです。財政についても、職員の更なる削減、高給与の是正、許される限りの民間委託を徹底することにより税金の無駄使いの削減を計っていくことが必要です。 議会でこれらのことを是正するため、怯むことなく発言を続けてまいります。